保育園の採用について

subpage01

最近のニュースで、労働人口の減少を目にします。



将来の人口減少が進むにつれて、全ての職種で人手不足に陥る可能性はあります。

保育士も同様で、全国で不足しているのではないでしょうか。

保育士の賃金が安かったり、仕事内容がハードだったりします。

現在、待遇改善や仕事内容の改善の兆しのみられる可能性が出てきました。



実際、ニュースで待遇改善の法案が出る可能性もあるので、保育園の保育士採用も今後は変わりそうです。人手が不足している時代だからこそ、子どもは国の宝なので、保育士の数を増やす事は必要ですし仕事内容も向上される事を期待します。

東京では人口が集中している為、極端に保育園の数は不足しています。

保育士の就職に出会えて満足です。

採用も一定数は行なっていますが、それでも保育園の数が増えていないのが現状です。

これからの時代は、東京における企業や人の集中を分散させる必要があります。

東京に企業や人が集中しているからこそ、他の分野で人手不足に陥り益々減少社会を生み出します。


逆に企業や人を地方に分散させる事によって、保育園をむやみに増やす必要はなくなりますし採用の質や向上に繋がります。

今後の日本は、高齢化社会で労働人口も益々減ると言われています。
国の少子化対策は結果が出ていないのと、結果を出すまでに数十年単位で掛かります。国の少子化対策を進める為には、一人、一人の働き方の見直しや社会全体で子育て推進のできる環境作りが必要ですし、人の意識が変わる事も重要になります。