主婦が保育園のパート保育士に採用される理由

subpage01

保育園での仕事内容は幅広く、単に子供と遊ぶだけではありません。


その内容は、食事の補助や排泄物の処理、室内の掃除など、いつも笑顔で子供と接しているイメージのある保育士とはかけ離れている仕事もあります。このような仕事内容であることや重労働にも関わらず給料が安いなどの理由から、多くの保育園で保育士が不足している現状ですが、いろいろなことを経験している主婦の人を積極的に採用している企業が目立ちます。



その理由は、人手が足りていない時間帯のみのパート採用を募集していることと子育てを経験していることで少しのことでは動じないということにあります。

まず、主婦の人が働きたい時間帯は、家事や育児に影響の少ない朝の短時間や夕方の短時間に集中します。

それはフルタイム勤務をしている保育士の、業務が始まる前や終了後のちょうど人手が足りていない時間です。
その時間帯に希望している主婦を採用することで、フルタイムで働く保育士の負担を減らすことにもつながります。

保育士の就職関する情報選びといえばこちらのサイトです。

また、いつも笑顔でいられるような仕事だけではない保育園での仕事内容ですが、育児を経験している主婦はその大変さを理解しています。



ですから、汚れものの処理や掃除などの仕事内容であっても、育児を経験している主婦であれば動じることなく作業してくれます。
主婦の希望する勤務時間や今まで培ってきた育児経験を生かして働いてほしいという考えから、パート主婦が積極的に採用されているのです。